季節と相性の上げ方の話し

  • 2020.05.06 Wednesday
  • 06:14



身体は正直。夏の一歩がはじまった土用明けた途端に朝早く目覚め

昼寝が始まった。これは夏型のリズム。身体が夏へ移行した知らせ。
春から夏へ消耗を避けるための体力温存なる自然な対応姿勢。
旧暦に合わせてピタッと変化する。我ながら狂いなしの体内センサー

すばらしいなぁと関心する。

人と寄り添っていると、このような季節折々の変化を、まざまざと

見つけることがある。春には春の表情が。夏には夏のリズムが。

秋には秋の、冬には冬に独特の特徴が。
毎年いま時期は、こうだね、とか数年前くらいから冬は、こうだった

よとか。人の命と寄り添うとは季節を共に刻むこと。全ての季節を共

にしなければ、わからない側面が人には存在する。

ひとつの季節だけでは語りきれない

生き物にはバイオリズムやテンポがある。その人、そのひととなりの
その特徴を掴むことこそが「相」を上げるコツであり、特に男女の間を

段々とボルテージを上げていく方法は、相手の春夏秋冬を知ることにあ

るように思う

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM