京都鴨川にて

  • 2017.03.27 Monday
  • 11:28

3月27日 朝8時 人もまだまばら

鴨川沿いを遊歩、その後橋のふもとに在るカフェで作業をしています

 

 

三条付近に新しく住まいを移しました

3月は引っ越しシーズンの為、混み合ってるようで

Wi−Fi新設工事に1か月ほどかかるとかで

 

朝此処に来てパソコンを開くのが日課となりそう

 

暫くの間メール返信は朝8時〜11時作業の時間帯が中心になるかと思います

 

※お急ぎの御用の方は携帯にご連絡ください

 

京都滞在は4月10日頃までとなる予定

 

 

目の前に広がる風景 鴨川

今日から桜のシーズンライトアップ

 

観光客がどんどん増えて来ています

これからの時期、バスは混雑を究めますから

地下鉄と組み合わせての移動がおすすめとなります

 

※昔の風情を残す お茶菓子「あられ」屋さん

 

 

 

関東は今日雪だそうですね

 

実は私この冬まだ1回も雪に当たっていなく

(雪国DNAが入ってるので雪嫌いでは無い筈ですが)

たまたまなのか、

京都で大雪の時は関東に居ました

千葉で雪が降る時は京都に居ました

 

渡り鳥みたい

 

天気予報は気にしないで生きてるので

本当に、たまたまなのです

 

 

徒然に思うことを書きます

わたし最近特に思うんですが(無駄を許す感覚)これは凄く大切だ

 

無駄を嫌っていては冒険は出来なくなる

あたらしい事は面倒で出来なくなっていく

 

引っ越しや住む地域を変えて思います

 

初めてのことだらけ、得て無いから

試すことだらけ。やりなおしも沢山出てくる。

なんて非効率や!時間がかかってしまうことの多いこと!

 

でも無駄を無くして慣れた事だけ

やるようになったとしたら・・・・

 

頭はカチコチ固まってしまうんじゃないのかな

なんか人間が機械化してしまうような気がします

 

ふと、昔あったアニメ「銀河鉄道999」の話を思い出しました

 

機械人間になることを望む人と、

人間であることを選択する人の2種類出てくる

 

もしかしたら人の未来を暗示するものだったのかな?

 

 

 

わたしは五感を使って生きている

感覚をフルに使って日々を重ねてる

だから、この「五感」が鈍ることは、

どうにもならないほど致命傷なこと。

 

どちらかというと機械化は出来ない人種と思います

 

多分・・・・

五感の鈍る様なことは無意識に避けている

 

西と東行ったり来たり、定住してないのも

毎日違う作業がシゴト内容だったりすることも

すきな時間に行きたい場所にいくことも

目覚ましを使用しないことも

食べたくなったらたべる、お腹がすかなきゃ食べないことも

 

 

なにか、機械化したくない

魂の選択な気がしてなりません

 

 

 

 

先斗入ル 京野菜パスタ

  • 2017.01.08 Sunday
  • 01:10

 

京都カテゴリー作ったら?

というぐらい 毎日京都話し一色になってます

タロットのREINOです

 

この「タロットの」という呼び名

最近は、枠越え完全にしているので

(靈氣・シーター・ヒプノ音叉とヒーリングが多岐)

年内にかえたい・・と思っています

 

佳きアイデアフレーズありませんか?

 

 

京都、やさい使いの素晴らしい お店多いです

 

というよりも 京野菜や精進料理など

「やさい」メッカなのかな?と思われます

 

 

※上の看板 「ぽんといる」と読むそうです

 

 

すごいー

 

九条ネギの京風ジェノベーゼ !!

 

長ネギをパスタとか・・・・・・・

 

こんなに乗っけちゃっていいのか

 

脱帽

 

※九条ネギは一般的な長ネギに比べて、

緑色の葉の部分が多く栄養価も高く感じますな。

水分が少なく様々なお料理に合わせやすい

 

 

京都に来ると、色々覆されます

 

独自の文化継承

忘れ去られた、本来の日本の姿を垣間見ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初詣上鴨神社 すぐき&やきもち

  • 2017.01.07 Saturday
  • 00:33

もうだいぶ日もたってしまいましたが

初詣に行った上鴨神社について紹介します

 

 

 

こちらは世界遺産でもあり婚礼の場としても有名な

由緒ある古き佳き神社でありますが

 

わたくし的には、何といってもコレ!

 

 

立砂(たてすな)

 

 

盛り塩の原点にもなってるらしいです

 

三角形が、カッコイイ☆

 

 

こちらですね REINOセッションルームでも

大変お世話になっています

裏鬼門・表鬼門の隅に置く他に

何か重たい感じの時、部屋の四隅に

置き清めるに使ったりすること在ります

 

※実は、セッションで、その方を ちょっと軽くしたいなと思った時や、

ヒプノセラピー時にも、さりげなく使っていたりします☆彡

 

 

 

 

おみくじは 大吉でした

神様 仏様の御陰様を感じ、忘れないようにしなさいよ

という温かいメッセージでしたが

 

な・な・なんと!!娘がまったくおんなじ24番を引きました!

 

境内は広いですし 幾つもおみくじ箱が在りました

(自分でガラガラして棒を1本取るタイプのもの)

 

 

実は、東京で娘は元旦に某神社でおみくじを引き「凶」だったんだそう

 

「そんな気にしなくてええよ もう一回此処で、引いてみ」

「絶対凶出ない。だいじょうぶだから」

 

引かせた おみくじが「大吉」

 

 

凶ではなかったので、おみくじは持ち帰りました

人々の想いが結ばれている 

人の身長よりも高いこの神聖なる三角形。

クリスマスツリーより圧巻に感じました

 

 

 

そして 上鴨といえば すぐき漬け

 

 

京都といえば漬物が名産品。

つけものといえば「上鴨のすぐき」

 

 

もうすっかり行くと「こんにちわ〜」

店員さんに挨拶されてしまうほど

常連さんになってしまった私

 

 

京やさい。寒い今が丁度たべごろ。

 

おつけものって多分樽によっても味が変わる・・

木の質とも一体になって醗酵して織り成す・・

 

あーぁ 書いてたら食べたくなりました

 

 

 

すぐき屋のすぐ並びにあります

 

その名も やきもち

 

 

なんてことない単なる薄い大福かと思いきや

 

「ほぉおーーー」

一口食べてみて 唸る

 

「餅は餅屋」言葉があるくらい。

プロフェッショナル技でしょう

 

 絶妙な焼き加減!

 

やきもち(嫉妬)ほどほどにやくのは美味しい

焦がすほど妬いては 不味くなる

 

 あっぱれです

 

 

スマートに微笑んで 京の女は粋

 

※浮気症の焼餅屋ご主人さん。とても嫉妬深い奥様が妬いて小言をいたので、
「妬いている暇があるなら餅でも焼いていろ」と言われ本当に焼いて売り出したところ、

鉄板でこんがり焼いた香ばしく素朴な「 やきもち 」の旨さに大評判!人気の名物になった。
そんな面白話しから《浮気の虫封じ》になると言われている銘菓なのだそうです。

 

 

なんかあったら試してみましょ

 

京都・先斗町

  • 2017.01.05 Thursday
  • 00:11

 

夢の中に迷い混んだとかと思います

 

四条・先斗町(ぽんとちょう)

 

 

 

人が1人やっと通れる位の細い路地に

所狭しと個性豊かな赤ちょうちんのお店が並びます

 

 

今は観光客でいつ行っても賑わっていますが

 

元は芸子さんが通う街

 

日本の忘れかけた風情が残っています

 

 

おひとつ 如何どすか

 

三が日過ぎていきます

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 11:34

京のおせち

歴史ある京料理屋さんは、普段なかなか敷居が高く感じてしまうのですが

おせち思い切って頼んでみました。

 

創業80年

※銀閣寺畔 京料理 白水園

京都府京都市左京区浄土寺石橋町36 

http://www.hakusuien.net/

 

 

おせち独特の濃さはまったく無く

有難うございます。ほんま美味しかったです

 

保存料無し全手作りだそうです。有難い。

 

 

 

 

 

 

※創業90年 和菓子・御餅の専門店

日栄軒本舗 0757711691

ホームページは まだ使用していないそう。

昔からのお付き合い、ご近所だけ顔の観れる関係で続けれる

本物だから出来ること。いいですね。

 

 

 鯛は、だいすきお魚ナンバーワンなので 毎年欠かせません

 

 

 

集まって食べるお正月料理 

やっぱり 年間行事として嬉しい瞬間

 

 

 

 

成人の時に、お祝いでプレゼントした

ミラーレス一眼レフで娘が撮影頑張ってくれました

恋する心

  • 2016.12.30 Friday
  • 23:25

 

わたしは京都が好きです

 

 

 

ここなら骨を埋めてもいいと思うぐらい

 

 

 

 

湧き上がる 灼熱の想い

 

 

 

定住願望は、今まで無かった人なんですが

 

 

こんな想いを引き出してくれた 大地に出逢えたことが

2016年、最も大きな収穫。

 

 

 

様々な表情を見せる京都 尽きること無い興味

 

 

2017年も 沢山旅出来るのが 楽しみです

 

 

 

 

京のおばんざい

  • 2016.12.27 Tuesday
  • 01:08

 

おばんざい

(お番菜、お晩菜、お万菜)とは、

昔より京都の一般家庭で作られてきた惣菜の意味で使われる言葉。

 

 

 

 

なんか、萌えます

 

 

 

 

京野菜。身がキュッと引き締まっていいお味です

 

 

 

京ランチで 湯豆腐、ゆば、そして よく見かける「おばんざい」

 

お値段も だいたいこんな感じ

 

旅に来る方、参考になればと思います

 

 

 

 

 

 

京都の大原(三千院舗道)見つけたもの

  • 2016.12.26 Monday
  • 00:30

 

京都といえば、やはり漬物ですね

 

水が豊富で野菜が育ちやすいのと

 

山に囲まれてる為、保存の技術が発達したからとか

 

 

大原は しば漬けが有名ですね

 

京都三大漬物 

上鴨のすぐき漬け・聖護院 千枚漬け・大原のしば漬け

 

 

 

 

やる気ありそうな 漬物かかし!

 

京都に住んで、漬物を多くとるようになって

お腹の調子が良くなりました

 

漬物は醗酵食品。

 

生きた佳いハタラキヲする菌の御陰で

腸内が変わったのでしょう

 

 

 

土井さんも 京都のあちこちで よく見かけます

 

 

 

 

 

 

 

自然を壊さない取り組みをなさってます

 

 

 

 

 

 

川、確かに綺麗でした

 

 

 

あれ・・?何故にキューピーちゃんが こんなに!

 

京都の大原(三千院舗道)仝つけたもの

  • 2016.12.25 Sunday
  • 01:00

 

京都の大原三千院タイトルでブログアップしたら

軒並みアクセス数が急上昇していました。

 

多分観光の方が検索でヒットしたんですね

 

何の参考にもならない記事かもしれないので

なんだか申し訳ないの気持ちがします💦

 

もしかしたら始めましての方も多いかもしれないので

軽く自己紹介、挨拶書かせて頂きます

 

わたしは東京、原宿を拠点に

長年タロットリーディングで生計を立ててきました

REINOといいます(女性)

 

今年の8月思い切って京都の左京区に引っ越しをしました。

 

ですので、旅行者・・というわけでもなく

かといって地元の者でもなく

 

どうやって全く知らない土地で生活していけばいいの?

シゴトはどうするの・・・・??

定まらないまま、気持ちだけで

流れでエイッ!と来てしまいました

 

結果いま、セッションルームがある千葉に拠点を残し 

シゴトは都内、浅草、原宿、目黒ご縁に在るお店さんに

毎月通いながら憧れの京都生活、満喫しています

 

 

 

占いは、営業したり無理に広げるより

お寺の縁日みたいな所で、

純粋に楽しい気持ちでやっていくのが

やはり一番いいのかなと思っています

 

 

京都・大阪・奈良・滋賀方面で

これからタロットを広げる機会も出て来ると思いますが

生活費を稼ぐための仕事選択というスタンスは

とらなでいきたいなと思ってます

 

 

1年365日なるべく1日でも多く

心地よい、気持ちが上向くような空間に居たい

その選択が私の場合、京都でした。

 

気持ち最優先で、方法は後から考えよう!

だいじょうぶ、 大丈夫☆彡

 

そんなノリで今此処に居て

休日は、ふらりバスに乗って出掛けたり

そんな京での冬休み期間。

やってきた大原でした。

 

京都は見どころだらけなので

特にガイドブックや行くあてを決めなくても、

素敵な旅が出来る場所です

 

わたしは職業柄、やはり五感、直感を使い生きているので

 

アンテナフリーで、行き当たりバッチリ

 

何となくこっちに行きたいなーー

で始まる 導かれるシンクロの旅は

すべてを委ね切る「オールOK!」の感性が問われます

 

スピリチュアルを仕事にする人の

最も重要な要素が、

旅することで試され鍛えられるのです

 

 

・・・なんか大原 三千院と

話しが全く関係なくなってしまいました・・・

(笑)

 

そんな私が時々フラリ行った先の

私なりの視点で

目についたものを書いていきたいと思います

 

※冬休み期間なので、なるべくこまめに〜☆

 

 

※写真 大原バス停降りて直ぐのところの喫茶店 床が絨毯敷きで高級感あります 

 

 

 

 

 

 

京都の大原三千院

  • 2016.12.24 Saturday
  • 17:39

比叡山行きのロープ―ウェイが冬季休暇ということで

 

何となく山道を行くバスに乗ってみようかなと

 

取りあえず来たものに乗る事にしました。

「大原」行き

 

終着で降りました。

そして辿り着いたのが・・・・・

 

確か、唄の歌詞にもあったような・・・

 

京都 大原三千院 

 

わたしは神社仏閣や神聖に感じた場に対して

カメラを向けることが

どうしても抵抗がある人なもので

門だけ紹介で失礼させて頂きますが

 

 

そこに至るまでの歩道が、とても素晴らしかった!

]

 

 

京都は、どこに行ってもそうなのですが

川が流れ 水の音と共に歩く 

 

自然の形そのまま残されている

 

水の流れる音って ホッとしますね

 

 

訪れた時は12月22日

年末の賑わいをみせる前の佇まい

 

何とも、やっぱりこの閑散とした感じが

わたしは好きですねぇ

 

 

 

縁起の良いとされる 南天の実も 

 

所々で咲いていました

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM